整形外科で治療

坐骨神経通の症状と治療整形外科では、坐骨神経痛や腰痛の治療をする前に問診を行うます。

問診の多くは、いつから痛くなったか、どういう時に痛みがあるか、痛みが強くなることがあるか、いままで坐骨神経痛や腰痛の治療を受けたことがあるかなどです。

問診が終わると、視診といって、患者さんの姿勢、脊椎のカーブ、歩き方、体の動かし方、いすから立ち上がるときの動作などを観察します。

打診、触診などの理学的検査が終わると、神経的検査に進みます。

これは、坐骨神経痛の原因が神経系のどこにあるかを見つけるためです。

①ラセーグ・テスト(SLRテスト)診察台の上にあおむけに寝て、両足を伸ばします。
医師が左右、どちらかの足を上げて、どこまで上がるか、そのときどこが痛むかなどを調べます。

両足行います。
②反射検査膝蓋腱反応・・・ハンマーで、膝の皿を軽くたたき、足の反応で神経の状態をみる。

アキレス腱反応・・・アキレス腱を軽くたたき、仙椎から出ている神経の障害を見る。(腰部脊柱管狭窄症の場合、アキレス腱反応はほとんど失われています)

③徒手筋力検査患者さんの両足を持って力を加え、足の抵抗力を見ることで、筋力を調べる検査。

これらの検査を終えて、さらに脊椎や腰部の状態をくわしく調べる必要があるときは、画像診断を行います。

◆画像診断
①X線検査
②CT
③MRI
④脊髄造影検査



キーワード