姿勢で対策

坐骨神経痛の主な原因となる筋肉の疲労は、立つとか座るいった同じ姿勢を長く続けることでおこります。腰の筋肉に負担をかけない姿勢をふだんから心がけるだけでも、腰痛とか坐骨神経痛の予防や軽減につながります。

股関節やひざを曲げ、腰からももの筋肉を緩めるのが、腰に負担をかけない基本姿勢。
また、とくに前かがみの姿勢をとると、腰椎に負担をかけて椎間板や関節を痛めやすいので、注意が必要です。



キーワード