偏食気味・体の歪み

偏食気味・体の歪みは坐骨神経痛の原因ダイエットや好き嫌い、外食勝ちなどで偏食をしていると、筋肉疲労を回復させるビタミンB群や、骨をつくるカルシウムがなかなか摂取できません。

カルシウムが不足すると、まず背骨や大腿骨などの主要な骨からカルシウムが抜き取られ、関節などの損傷が起きて、腰痛につながります。
20代~30代ですぐに影響があらわれるわけではありませんが、将来が心配です。

カルシウムが減ってくると、体にゆがみがでることもあります。
それだけでなく、いつも片側の手だけで荷物を持つ、片方の葉ばかりで噛む、毎晩同じ側を下にして寝る、などの習慣がによって生じる体のゆがみ。

左右の筋肉のバランスがくずれて、一部の筋肉が極端に疲労し、腰痛が起きやすくなります。
また、椎間板や関節にも不均等に不可がかかるため、損傷が生じやすく坐骨神経痛につながります。



キーワード