肥満体質・妊娠中

肥満気味の人は、おなかが前に出てくるため、腰椎が、前に強く弯曲するようになります。
肥満体質・妊娠中は坐骨神経痛になりやすい「その結果、椎間板や関節への負担が増し、傷んで坐骨神経痛が起きやすくなります。

妊娠中でも、やはりお腹が前に出てくるため、腰痛を誘発しがちです。
また太っていれば筋肉にかかる重量も増すため、筋肉疲労による腰痛も生じます。

冷え症タイプの人も要注意です。
痛み物質は、筋肉や神経の血流が悪くなることで発生します。

酸素を運ぶ血液の循環が悪くなると酸素不足になり、それによって「痛み物質」が生成されるのです。

そのため冷房の冷えなどによって結構が悪くなると、腰痛が生じやすくなります。
また、血行が悪いと、できた痛み物質が杯酒されずに蓄積するために、痛みが慢性化しがちです。



キーワード