姿勢が悪い

猫背は坐骨神経痛になりやすい猫背や前かがみの姿勢でいると、そのぶん下腹が出て、腰椎(腰の背骨)も前にカーブした形になります。
それによって腰の筋肉が収縮し、つねに緊張した状態になるため、疲れがたまって痛みが起きやすくなります。

同時に、腰椎が前にカーブすることで、椎間板や関節の後方部分に強い負担がかかり、構造的な問題にもつながることになります。

また同じ姿勢を続けている人も同様です。
同じ姿勢は腰痛になりやすい立つとか座るといった一定の姿勢を維持するために、つねに腰の同じ筋肉を収縮した状態でキープしておかなければなりません。

そのため、デスクワークや立ち仕事などで同じ姿勢を続けていると、それだけ筋肉の血流が悪くなり、痛みのもとになります。

運動して筋肉を使っときと違い、筋肉の疲労感は自覚されませんが、実際には同じ姿勢を続けるだけで、疲労がたまっているのです。



キーワード