坐骨神経痛が起こる原因

坐骨神経痛が、腰椎神経の神経根や馬尾の圧迫や炎症などが原因のときは、馬尾と神経根に異常をまねいている病気を治療します。
また、下肢のしびれや痛みの原因が坐骨神経痛でないことがあります。
馬尾と神経根を圧迫する病気は、腰椎疾患が多く、次のようなものがあります。

①腰部脊柱管狭窄症
②腰椎椎間板ヘルニア
③腰椎分離症・分離すべり症
④変形性腰椎症(腰部脊椎症)
⑤脊椎・脊髄の腫瘍
⑥骨盤内の腫瘍
⑦その他の疾患(梨状筋症候群など)

坐骨神経痛の原因となる2つの脊柱疾患

腰椎椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の原因脊椎は、椎骨の椎体と椎体の間に、椎間板という円板状のクッションがはさまったものが、連なってできています。
腰椎椎間板ヘルニアは、この椎間板が通常の位置からはみ出し馬尾や神経根を圧迫して起こる症状をいい、20~30代の人に多く見られます。

いすに長時間座ってデスクワークする人、自動車を長時間運転する人に多く、腰を曲げて行うスポーツをしている人にも起こります。

椎間板ヘルニアが刺激している神経が支配している腰や下肢に痛み、しびれ、まひが現れますが、椎間板ヘルニアが神経を圧迫すると必ず痛みやしびれが起こるとは限りません。

腰椎椎間板ヘルニアになると、前かがみになる動作のときに痛んだり、痛みが激しくなったりします。

椎間板の形状は、体の前方(腹側)に厚く、後方(背側)に薄いため、脊椎が前屈すると髄核が移動して後方の薄い線維輪に圧力がかかり、その部分が後方(脊柱管側)に突き出たり、線維輪が損傷して髄核が飛び出した状態になったのが椎間板ヘルニア。

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症は、50代を越えた中高年者に多くみられ、腰部の脊柱管が老化や骨粗しょう症などで損傷し、狭くなる病気です。

馬尾や神経根が圧迫されて、腰部や下肢痛が起こることがあります。

腰部脊柱管狭窄症になると、体を後ろにそらす動作をすると痛んだり、痛みが増したりするようになります。
日常生活では、背をそらすことができない、まっすぐ立っていられない、歩くときの姿勢が前かがみになるなどがあります。



キーワード