運動不足

筋肉は運動不足で使わないでいると、柔軟性が低下し、伸び縮みがスムーズにいきません。
運動不足や激しい運動は腰痛の原因そのため、同じ姿勢をとっているとすぐに筋肉が疲労し、血流が悪くなって、痛みが起きやすくなります。

また、背骨は小さな骨が積み重なってできており、それだけでは直立できません。

腹筋と背筋が前後で支えることで、まっすぐ立てるのです。
筋力が弱いとm支えきれずに背骨に負担がかかり、つい看板屋関節を傷めやすくなります。
筋肉量の少ない、痩せている人も同様です。

一方、激しい運動をする人は、腰椎周辺の軟骨や関節などに負担がかかり、筋肉の疲労もたまりやすいので、どうしても腰痛になりやすくなります。

また陸上選手などでは、腹筋と背筋がアンバランス(背筋が強すぎる)になり、腰椎がカーブして、椎間板や関節に負担がかかったり、筋肉疲労が起こりやすくなります。



キーワード