坐骨神経痛とは?

坐骨神経痛とは坐骨神経痛とは、病名ではなく、下肢にあらわれる症状の総称です。
若い人でも、無理な姿勢や激しい運動などが原因で腰痛になり、太ももや足などにしびれや痛みを感じることがあります。
一般的に、このような症状がおこると「坐骨神経痛」と言っています。
おしりから太ももの後ろ、ひざ下の外側、すね、ふくらはぎ、足先に向かっている坐骨神経を圧迫されるこ
とにより激しい痛みやしびれが出ます。

坐骨神経痛の症状と痛み

坐骨神経痛の痛みは自覚症状であり、本人にしかわからないため、個人個人で表現が微妙に異なり、大腿神経を詳しく検査しないと、下肢の痛みやしびれの原因を診断することが難しいケースもあるそうです。

通常、次のような症状があるときに、坐骨神経痛が疑われます。
①いつも、おしりに痛み、しびれがある
②太ももの外側や裏、ふくらはぎ、かかとなどに痛み、しびれ(下肢痛)がつづいている③足が激しく痛み、少し歩くと歩けなくなる
④腰を動かすと下肢の痛みが激しくなる
⑤安静にしていても、おしりや下肢が激しく痛んで眠れない
⑥下肢痛だけではなく、腰痛がある
⑦痛みやしびれ以外に、冷感やだるさがある
⑧体をかがめると痛くて靴下が履けない
⑨たっていると足が痛んできて、立っていられない
⑩おしりが痛くて座っておれない
以上のように、痛みの程度も、ズキズキ痛む、激痛が走るなどさまざまで、重症になると排尿障害を起こして失禁したり、便秘にがちになったりすることがあります。
坐骨神経痛の症状は、片側の足にあらわれることが多いのですが、両足にあらわれることもあります。

痛みの原因で最も多いのは椎間板ヘルニア

脊椎の下のほうにある「腰椎」や「仙骨」の間から延びて集まり、坐骨の内側を通っているのが坐骨神経。脊椎の骨と骨は関節でつながっていて、その間には、クッションのような働きをする「椎間板」という組織が挟まっています。椎間板は、柔らかなゴムのような組織とそれを包む繊維質でできているのですが、過度の負荷の繰り返しや加齢によってその中身が押し出されて繊維質が膨らんだり傷ついたりすることがあります。これが椎間板ヘルニアです。



キーワード