坐骨神経痛治療

*

坐骨神経痛を自宅で治す治療法が評判!

坐骨神経通は病院に行かないと治らないと思っていませんか? 手の施しようがない症状は別にして、ほとんどの坐骨神経通は専門の名医が教える治療法を自宅で行うだけで簡単に治ると口コミで広がっています。

多数のTV出演で超有名な福辻先生

福辻式治療法 オススメ度 ★★★★★
治療法 DVDで自宅治療
効果 3日~1週間(個人差あり)
1日の体操時間 約5分~10分
返金保証 あり
代引き 可能
  • TBS水曜スペシャル「日本の名医50人」に選ばれた!
  • 骨盤枕ダイエットが全国の書店でベストセラーに!
  • 痛くない即効性のある治療体操を自宅でできる

東京五反田で整骨院を開業している福辻先生(写真左)は、TBSテレビ中居正広の金スマや、日本の名医50人、フジテレのタモリの笑っていいともなどに多数出演しています。
スポーツ選手や芸能人が福辻先生から治療を受けて改善している人が多く、福辻先生の著書「骨盤ダイエット」は200万部を超えるベストセラーとして今でも書店に平積みされています。
先生が教える「一日5分のストレッチ」をするだけで、慢性腰痛、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、すべり症、分離症、側湾症などあらゆる症状の痛みが改善できるのです。すでに実践者は、これまで累計6,000人を突破し、患者さんの声も多数頂いて、実績証明されています。
たった数分、簡単なストレッチを、映像を見ながらやる。・・・これは今すぐ誰でもできますよね?本当に笑ってしまうほど簡単です。
忙しい方や、面倒な方は、これだけを一日たったの5分やるだけでも大丈夫です。
万一、効果がなければ1年間の全額返金保証をしています。

確かな技術が評判の大須賀式坐骨神経痛改善法

大須賀式治療法 オススメ度 ★★★★★
治療法 DVDで自宅治療
効果 3日~1週間(個人差あり)
1日の体操時間 約5分~10分
返金保証 あり
代引き 可能
  • 100%完治・再発防止の坐骨神経痛改善法です!
  • 1日5分やるだけで、30日後にはスッキリ!
  • 痛くない即効性のある治療体操を自宅でできる

早くから坐骨神経痛改善方に取り組んで確かな技術と安心の手厚いサポートは地元で評判の先生(左写真)。
色々な治療法や苦学な医療費を払っても完治しなかった坐骨神経痛をたった5分のストレッチで完治させるという自然の摂理にかなった治療法は口コミでも評判になり全国からの来院も多い。
特に脊柱管狭窄症に悩む人から治療法マニュアルが欲しいということで、亀有ひまわり整骨院の大須賀康浩院長の1日5分伸ばすだけの大須賀式坐骨神経痛改善法は人気です。
腰から足先に走る激痛から一刻もはやく開放されたいと思っているなら、ぜひ大須賀式をを実践してみてください。
この簡単なプログラムを試して、効果がなければ全額返金を約束してくれています。

坐骨神経痛を自宅で治す治療法

坐骨神経痛の自己管理は、おもにストレッチで脊椎の周辺の筋肉や神経を緊張をやわらげ、体操によって腰部の筋力を高めたり、柔軟性を促進させたりすることで症状を改善することが目的です。このことから当サイトでも紹介している整骨院の名医お二人のストレッチトレーニングは効果があります。

自宅行う自己管理や改善法をもっと詳しく解説していきましょう。

軽度の坐骨神経痛は、多くの場合、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症によって神経が圧迫されて、神経の血液障害や炎症が生じて起こります。また二次的に血液の循環が悪くなったり、靭帯や筋肉が疲労したりすることも疼痛原因となります。

前屈すると痛みが増すヘルニア型坐骨神経痛は、通常、前屈を制限することで症状が改善し、さらに上体を後ろにそらすとヘルニアによる馬尾や神経根への圧迫が減るので、痛みが楽になる事が多くなります。 狭窄型坐骨神経痛は、反対に、上体を前に倒すと脊柱管の狭窄がゆるくなって痛みが軽くなります。

とにかくストレッチすることというのが何となくわかったと思います。でもどんなストレッチをしたらよいかわかりませんよね?間違ったストレッチは坐骨神経痛を悪化させる原因にもなります。そういうトラブルを防止するために、福辻式や大須賀式ストレッチでは正しい改善方法を教えてくれています。

日常生活では正しい姿勢が必要

坐骨神経痛や腰痛は、体操やストレッチを行うだけでなく、日常生活で正しい姿勢をとって脊椎のS字状カーブを保つと症状が改善されます。

脊椎にS字状カーブがあることで、私たちは体のバランスを上手にとって、自由に運動をしたり、体に加わる衝撃を緩和したりできます。このS字状カーブが保たれなくなると、脊椎や体重が運動の衝撃を支えきれなくなって、腰痛や坐骨神経痛の症状があらわれやすくなります。

このような時に、姿勢を正しくして脊椎のS字状カーブを取り戻すと、神経根や馬尾への圧迫が減って腰痛や坐骨神経痛の症状である痛みやしびれを軽減することができます。

デスクワークの多い人は

デスクワークの多い人は、長時間、前かがみになって仕事をするので、姿勢が悪くなりがちです。また、中腰で家事や介護、看護をする人、重いものを持ち上げる職業の人も脊椎に負担がかかり、姿勢が悪くなって脊椎に負担がかかり、姿勢が悪くなって脊椎に生涯を招きやすくなります。

日常生活で歩くときや、椅子に座るときは背筋をまっすぐに伸ばし、脊椎のゆるやかなS字状カーブを維持することを心がけましょう。坐骨神経痛の自己治療の効果が高まります。

  • 坐骨神経痛が1日5分のストレッチで治る方法

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは坐骨神経痛とは、病名ではなく、下肢にあらわれる症状の総称です。
若い人でも、無理な姿勢や激しい運動などが原因で腰痛になり、太ももや足などにしびれや痛みを感じることがあります。
一般的に、このような症状がおこると「坐骨神経痛」と言っています。
おしりから太ももの後ろ、ひざ下の外側、すね、ふくらはぎ、足先に向かっている坐骨神経を圧迫されるこ とにより激しい痛みやしびれが出ます。

坐骨神経痛の症状と痛み

坐骨神経痛の痛みは自覚症状であり、本人にしかわからないため、個人個人で表現が微妙に異なり、大腿神経を詳しく検査しないと、下肢の痛みやしびれの原因を診断することが難しいケースもあるそうです。


通常、次のような症状があるときに、坐骨神経痛が疑われます。
①いつも、おしりに痛み、しびれがある
②太ももの外側や裏、ふくらはぎ、かかとなどに痛み、しびれ(下肢痛)がつづいている③足が激しく痛み、少し歩くと歩けなくなる
④腰を動かすと下肢の痛みが激しくなる
⑤安静にしていても、おしりや下肢が激しく痛んで眠れない
⑥下肢痛だけではなく、腰痛がある
⑦痛みやしびれ以外に、冷感やだるさがある
⑧体をかがめると痛くて靴下が履けない
⑨たっていると足が痛んできて、立っていられない
⑩おしりが痛くて座っておれない
以上のように、痛みの程度も、ズキズキ痛む、激痛が走るなどさまざまで、重症になると排尿障害を起こして失禁したり、便秘にがちになったりすることがあります。
坐骨神経痛の症状は、片側の足にあらわれることが多いのですが、両足にあらわれることもあります。

痛みの原因で最も多いのは椎間板ヘルニア

脊椎の下のほうにある「腰椎」や「仙骨」の間から延びて集まり、坐骨の内側を通っているのが坐骨神経。脊椎の骨と骨は関節でつながっていて、その間には、クッションのような働きをする「椎間板」という組織が挟まっています。椎間板は、柔らかなゴムのような組織とそれを包む繊維質でできているのですが、過度の負荷の繰り返しや加齢によってその中身が押し出されて繊維質が膨らんだり傷ついたりすることがあります。これが椎間板ヘルニアです。